住吉海岸シンポジウム

住吉海岸シンポジウム
主催 住吉海岸を守る会
日時 10月28日(日)   10:00~12:00
場所 住吉地域センター(住吉支所)

砂浜侵食対策としてのヘッドランド(T字型突堤)が最善の工法なのでしょうか?
環境問題に精通する3人のゲストをお呼びして、あらゆる観点から学び、意見交換を行い、
対処の方向性を考えたいと『住吉海岸シンポジウム』を行う事となりました。


前回予定していた住吉50周年祭
多くの地域住民に関心を持ってもらおうと『住吉海岸を守る会』のブース出展を予定していたが、ある圧力がかかり無念の中止。
皆で協力し準備を進めていただけに、非常に悔しい思いだった。

今回の住吉海岸シンポジウム
前回の圧力により、一時は『中止しようか!?』との声もあがった・・・
しかし皆で話し合った結果『やる方向』で意見が一致!
約1ヶ月前から、皆で役割を分担し、コツコツと準備を進めてきた。


ヘッドランド(T字型突堤)計画
費用294億円 
維持費、年間数千万円
長さ300メートル、幅150メートル
工事期間20年

たしかに、このヘッドランド計画が決まれば、県の土木関係は潤う事だろう。
しかし、砂浜侵食の要因も分からないまま、コンクリートで海を囲んでしまう事が、
はたして良い事なのだろうか?
e0125483_2392887.jpg

人間も心臓を動かし、血液を循環し、呼吸し、生きている。
地球も自然のリズムで循環して生きているのでは?
それによって僕達は生活させてもらっているのでは?
これ以上、自然のリズムを壊していくと・・・?

人間のエゴとは恐ろしい・・・
e0125483_23223584.jpg

住吉海岸シンポジウム
参加費は無料なので、興味のある方は是非足を運んでほしい。
e0125483_23563323.jpg

住吉海岸を守る会代表(ヒジヤ君)


日本全国がコンクリートで囲まれてしまう前に、
この自然を少しでも多く残していきたい。

僕の愛する宮崎が、その行動の中心になれる事を、切に願っている。
[PR]

by kengo_nakasako | 2007-10-25 00:00 | 日記

<< サーフキャンプ ヒラスズキ >>